​戸建賃貸投資

今、戸建て賃貸経営に注目が集まっています。
 

アパートには供給過剰感が出てきており、また賃貸ニーズの多様化により戸建ての賃貸需要が高くなってきています。

戸建て賃貸は競合が少ない為、安定した賃貸経営が可能であることがメリットで、アパートと異なり供給量はそれほど多くありません。

この供給量が少ないことがポイントです。

戸建て賃貸は、その土地に1戸の住戸しか建てられません。
アパートなら1つの中に何戸も住戸を詰め込むことができます。
同じ面積の中に戸数を詰め込むことができるため、アパートのほうが理論上、戸建て賃貸より投資効率が高くなり、戸建て賃貸は、投資効率の低い土地の使い方であるため、もったいない土地の使い方と言えます。

したがって、多くの人は、投資効率の低い戸建より投資効率の高いアパートの建築を選択します。
なので、アパートはどんどん市場に供給され、戸建てはなかなか供給されない構図となっています。

一方で、賃貸ニーズは多様化しており、戸建てを借りたいという人も多く存在します。
戸建て賃貸は、音に気を使わず、庭もあり、大型犬も飼うことができたりと、借りる人からすると魅力があります。

その結果、戸建賃貸は供給が少ないのにニーズが高い という事になります。
競合が少ない分、空室も少なく、安定した賃貸経営が可能となっているのです。

また、戸建て賃貸に住む人は、比較的長く住む傾向があります。
ファミリーで住まれる方が多いため、子供が小学校や中学校を卒業するまで引っ越さない人も多いです。

長く住んでもらえれば、その期間の空室リスクが発生しないため、収益性は高くなります。

 

また、退去時のクロスの貼替等の頻度も低くなることから、出費も抑えることができます。
入居者募集のための費用も頻繁に発生することはありません。

頻繁に入居者が入れ替わってしまうアパートに比べると、戸建て賃貸は支出を抑えることができます。

戸建て賃貸は長く住んでくれる人が多く、入居者からそのまま物件を購入したいという申し入れもあったりと、将来売却しやすいというメリットがあります。

これは、アパートにはないメリットです。

アパートは、古くなってしまうと空室が増え、売却したくても安くしないと売れない、借り手も買い手もなかなか見つからないという事態に陥ることも多いです。


そうなると、売却が厳しく、また苦労して入居者の立ち退きを行い、建て替えを行うということがあります。

それに対し、戸建賃貸なら、入居者に売ることが出来れば、また新しい別の収益物件を購入することもできます。

このような出口戦略はアパートにはありません。
売却しやすいというのは、戸建て賃貸ならではのメリットとなります。

戸建て賃貸は狭い土地にも向いています。
 

アパートを建てるには狭すぎるような土地であれば、戸建て賃貸はかなり有効な選択肢となります。

また自宅の敷地が広すぎて困っている場合、自宅の敷地を一部分割し、その小さな土地で戸建て賃貸をするようなことも可能です。小さな土地や不要な土地の一部でもできるのが戸建て賃貸の特徴となっています。

三角形のような土地でも、有効部分に戸建てを建てられる広さがあれば戸建て賃貸は可能です。

戸建てはアパートに比べると間取りの配置など自由度が高いので、方位の悪さも解消して建築することができます。

周辺にアパートの供給が多いエリアも戸建てに向いています。

戸建て賃貸を探している人は、戸建て賃貸にこだわって広いエリアを探しています。

周辺にアパートが多く、アパート経営にリスクを感じる場合には、戸建て賃貸の方が将来にわたって安定して賃貸経営できる可能性があります。

藤本ハウジングでは建物の企画・建築、入居者募集、管理まで安心のワンストップでサービスを提供させていただいております!

戸建賃貸
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン

Copyright(c) Fujimoto-Housing .All Rights Reserved.